社交ダンスと言えばワルツやタンゴが有名なので聞いたことある人も多いでしょう。しかし社交ダンスには他の種類もあります。

そこで今回はスローフォックストロットについて歴史や特徴を紹介していきたいと思います。これから社交ダンスをする方は覚えておくと良いでしょう

スローフォックストロットの歴史とは

スローフォックストロットの歴史を見るにはフォックストロットの歴史から見ていく必要があります。この2つは似たような名前をしていますが、全く別物なので注意しておきましょう。

フォックストロットの発祥地は19世紀のアメリカです。当時、ラグタイムという音楽があって、このラグタイムに合わせて踊っていたのがフォックストロットと言われています。ちなみにラグタイムは発展し、現在ではジャズになりました。

このフォックストロットはスピード感のある動きとキレのあるダンスが特徴です。その一方でフォックストロットがイギリスでも認知され、よりスローテンポにしたもの、ワルツの要素が含まれるものがスローフォックストロットとなりました。

さらに社交ダンスで踊るのはスローフォックストロットですが、アメリカンスタイルの社交スタイルでは、フォックストロットを踊ります。

ちなみにスローフォックストロットは、スローフォックスなどと省略されることも多いです。これを知っておくと社交ダンスの通ぶれるので知っておくと良いでしょう。

スローフォックストロットの特徴とは

スローフォックストロットはゆったりとした遅めの曲でダンスをします。そうすることで、美しさと雄大さを表現するのです。ゆったりと聞くと簡単そうに聞こえますが、実はスローフォックストロットは社交ダンス初心者にとって最大の壁と言われています。

その理由、ステップに特徴がないので覚えづらいからです。さらにステップも一つではなく複数のステップがあるので、何が何を意味しているのか覚えづらいということです。

また一般的に人間はゆっくり動くのが難しいとされています。ゆっくり動くことでその人の実力がモロに現れてしまうため、今まで踊れていたのに急に踊れなくなるということもあるでしょう。

このようにスローフォックストロットはレベルが高いですが、踊れるようになると社交ダンス初心者を脱却できます。社交ダンスのレベルが上がると自分が憧れている姿に一歩近づくのが、少しずつでも覚えていきましょう。

スローフォックストロットとワルツの違いとは

スローフォックストロットはワルツの要素があるので似ていて、社交ダンスの初心者には分かりづらいでしょう。しかしこの2つでは3つの違いがあります。

・リズムの違い
・ターンの有無
・女性のステップ

この3点がワルツとスローフォックストロットでは異なるので詳しく見ていきましょう。

リズム

ワルツの場合はリズムが3拍子ですが、スローフォックストロットは4拍子です。

社交ダンスのスタンダード種目にはクイックとスローのリズムがあります。意味は文字通りで、クイックは素早いリズム、スローは遅めのリズムです。

そしてワルツの3拍子ではクイック、スロー、スローですが、スローフォックストロットはスローで2拍子、クイック、クイックとなります。このようにして見ると、リズムが逆なので見分けやすいでしょう。

ターン

ワルツの場合はダンス中にターンを取り入れますが、スローフォックストロットではほとんどターンをしません。

ワルツの場合は体を大きく見せることで優雅に見えるので、ターンをしたり体を上下に動かしたりします。しかしスローフォックストロットではほとんどターンをせず、体を上下に動かさず、前進と後退で美しさを魅せます。

ワルツとスローフォックストロットの見分け方が分からないという方は、どちらがより激しいダンスをしているかを見ると良いでしょう。

女性のステップ

スローフォックストロットは女性が後ろに下がるステップが多いです。一方、ワルツにもこういったステップはありますが、そこまで多くはありません。後退する女性につられて男性が前進する光景をよく見かけるならスローフォックストロットと思って良いでしょう。

このようにスローフォックストロットとワルツを比較してみると違いはあります。社交ダンス初心者からすると一緒に見えるかもしれませんが、見分け方を覚えておくとステップもスムーズに覚えられるでしょう。

まとめ

フォックストロットが生まれたのは19世紀のアメリカです。そこからイギリスでフォックストロットが発展したものをスローフォックストロットと言います。スローフォックストロットはゆったりとした遅めの曲でダンスをして、美しさや優雅さを魅せるのが特徴です。

その特徴から一見するとワルツにも似ています。ただターン・ステップ・リズムが違うのでよく見ると違いが分かります。これから社交ダンスを始めるという方は2つの違いを覚えておくと、好スタートを切れるでしょう。