Saturday, January 23, 2021
Home 社交ダンスを知る 社交ダンスのタンゴとは|どんなステップや動きをするの?

社交ダンスのタンゴとは|どんなステップや動きをするの?

13

タンゴは社交ダンスの中でも人気があるダンスの一つです。メリハリの利いた曲に合わせて体を動かす姿から力強さを感じることができ、他の人を魅了させます。

そんなタンゴですが、他の社交ダンスとは違って特徴的な動きです。ではタンゴがどういったステップの踏み方や体の動かし方をするのか紹介するので、社交ダンスでタンゴを指定という方は参考にしてください。またタンゴが生まれた経緯についても解説しています。

社交ダンスのタンゴが生まれたのはいつ?

タンゴ発祥の地域はアルゼンチンです。19世紀中ごろ、アルゼンチンの過酷な労働のストレスを発散させるために踊っていたダンスがタンゴの発祥と言われています。

そこからアルゼンチンの下町にも広がり、ヨーロッパにまでタンゴが伝わりました。この時ヨーロッパで知れ渡ったものと、元々アルゼンチンのタンゴに分かれ、前者をコンチネンタルタンゴ、後者をアルゼンチンタンゴと呼びます。

コンチネンタルタンゴとアルゼンチンタンゴの違いは音楽です。コンチネンタルタンゴではダンス中に基本的にアコーディオンで音楽が流れますが、アルゼンチンタンゴはバンドネオンや弦楽器が使われます。

日本でも社交ダンスでタンゴをしますが、この時のタンゴはコンチネンタルタンゴです。そのため以下で紹介するタンゴの記述については、コンチネンタルタンゴを意味するので注意しておきましょう。

社交ダンスのタンゴにはどんな動きがある?

単語は社交ダンスにあるスタンダード種目の内の一つです。スタンダード種目では5つのダンスを踊りますが、その中でも2番目に踊ることが多く、力強いダンスという特徴があります。激しいダンスながら上下の動きがなく、ステップの一つずつを力強くするというのもタンゴ独特です。

そんなタンゴですが、イングリッシュスタイルとイタリアンスタイルの二つに分かれます。イングリッシュスタイルはより優雅さがあり、イタリアンスタイルはより力強いというのが特徴です。

このようにタンゴでも微妙に異なりますが、基本的な動きに大差はありません。

タンゴのホールドとは

優雅な社交ダンスをするうえでホールドの要素は欠かせません。ホールドとは男性と女性が片方の手をつなぎ、もう片方の手を肩あたりに当てるポーズです。社交ダンスと言えば、男女がコンタクトをしているホールドの姿を思い浮かべることが強いでしょう。

そしてタンゴではこのホールドがより密着するという特徴があります。他の社交ダンスだと、男性は女性の左肩甲骨の上に右手を置くのが一般的です。しかしタンゴでは女性の背中の真ん中あたりまで右手を持って行きます。そのため女性との距離が縮まって、より密着度の高いホールドになるということです。

タンゴの回転動作とは

タンゴでは上下の動きがありませんが、回転動作を主として踊ります。回転動作とはいわゆるターンのことです。基本的に男女が一緒になってくるくるターンをするので、同じスタンダード種目の社交ダンスの中でも少しだけ激しい内容になっています。

さまざまなターンを繰り出して、いかに優雅さと力強さを魅せるのかがタンゴの楽しみ方です。

社交ダンスのタンゴで行うステップとは

社交ダンスは主にステップを踏みますが、社交ダンスの種類によってステップの踏み方が変わってきます。そのためタンゴを上手くなるためにはステップが大事です。そしてタンゴには複数のステップがありますが、以下の3つのステップが基礎とされています。

・フォーステップ
・ロックターン
・ブラッシュタップ

では3つのステップについて詳しく見ていきましょう。

フォーステップ

フォーステップは方向転換をする時に使うステップです。4歩目には男女が同じ方向を向くプロムナードポジションになるという特徴があります。一歩一歩をしっかりと踏むことで、力強く見えるので意識すると良いでしょう。

ロックターン

ロックターンは前後に体重移動をしてその場でターンをします。体重移動の時にすべての体重を持って行くとバランスを崩しやすいので、体重の半分だけを傾けて、残りを体の軸を支えることに力を使うときれいに決まるでしょう。

ブラッシュタップ

ブラッシュタップは男性の場合は左足を、女性は右足をピンと立てるステップです。この時に男性と女性の息が合っていると締まります。また足を立てていない側は軸がぶれないようにするというのもポイントです。

このようにタンゴには基礎となるステップがあるので、まずはこの3つの習得しましょう。その後にレベルアップしたステップを覚えて、最終的には自分を優雅に魅せるステップを覚えると良いですね。

まとめ

社交ダンスのタンゴが19世紀のことで、アルゼンチンが発祥地です。そこからヨーロッパに伝わったものがコンチネンタルタンゴ、アルゼンチンのものがアルゼンチンタンゴに分かれます。そして社交ダンスでするタンゴはコンチネンタルタンゴです。

タンゴでは他の社交ダンスと違って上下の動きをせず、ターンで魅せるという特徴があります。そのターンをいかに力強くするかがタンゴで魅せるポイントです。力強く魅せられると優雅に見えるので、いつもよりな優雅な自分になれるでしょう。