社交ダンスは年齢に関係なくたくさんの方に愛され支持されています。
多くの方が誤解していますが、社交ダンスは単調なおどりではなく、さまざまな曲調やステップがあり多くの方を魅了することで有名です。

そして社交ダンスには多くの種類があります。たくさんのジャンルがあるからこそ一人一人にあったダンスを発見でき楽しむことができるでしょう。
社交ダンスに興味があり始めてみたいという方に向けて社交ダンスの特徴と魅力を紹介します。

魅力的なダンスの種類が豊富!あなたも社交ダンスをはじめませんか?

社交ダンスは大きく分けると2種類!スタンダードとラテンアメリカンの魅力

年齢に関係なく幅広い年代に愛される社交ダンスですが、種類があるのはご存知でしょうか?

社交ダンスの種類は大きく分けると2種類。
・スタンダード・・・ボールルームやモダンとも呼ばれています。
・ラテンアメリカン・・・ラテンと呼ばれる場合もあります。

スタンダードとラテンアメリカン双方とも異なる特徴をもち、曲調やステップもちがいます。そしてスタンダードとラテンアメリカンから、また細かく種類が分けられ、特徴や一つ一つの魅力も変わってきます。

多くの種類をもつ社交ダンスは色々なイベントで披露され、たくさんの方に親しまれているダンスです。

種類が多いので「社交ダンスが難しそう」と感じる方もいることでしょう。

ジャンルが多いからこそ、自分に合った曲調やステップを選ぶことができ、初めての方でも楽しく始められるのです。

今回は、たくさんの方に愛され、社交の場や競技としても披露される社交ダンスについて紹介します。

エレガントにおどる社交ダンス「スタンダード」

スタンダードの特徴は男女が腕を重ねて優雅におどります。
男女が腕を組み、おどるスタイルをホールドと言います。
スタンダードは、ドレスと燕尾服で上品に着かざり、エレガントな点が魅力です。
ラテンアメリカンに比べてスタンダードはゆっくりな曲が多く、初めて社交ダンスする方にも適しているでしょう。

スタンダードの種類は主に5つ
・ワルツ
・タンゴ
・べニーズワルツ
・スローフォックストロット
・クイックステップ

どれをとっても魅力的なダンスですが、ワルツとタンゴ、べニーズワルツは5つの種類の中でも特に人気の高い社交ダンスです。

ここからは、社交ダンス「スタンダード」の中でも特に人気が高いワルツとタンゴ、べニーズワルツについて紹介します。

スタンダードの種類①:ワルツ

社交ダンスでもっともポピュラーな種類の一つでスローワルツとも呼ばれています。
3拍子の舞曲でなめらかにおどるのが特徴としてあげられます。

スタンダードの種類②:タンゴ

激しい動きで観客の目をひく情熱的な社交ダンス。
スタンダードの種類の中では、上下に動くことが少なく比較的おどりやすいでしょう。

スタンダードの種類③:べニーズワルツ

ウィーンで生まれた3拍子のワルツ。
素早く動き、回転数も多く難易度は高くなりますが、おどる美しさは他ジャンルに劣らず優雅で人気があります。

魅力的におどる社交ダンス「ラテンアメリカン」

ブラジルなど情熱的な国から発祥したラテンアメリカン。
男女が向かいあったり、離れたりとリズミカルに激しくおどるのが特徴です。

スタンダードの上品な服装とはちがい、男女ともに一部の肌をみせた魅力的な服装で、ラテンならではの情熱的でワイルドに演出しています。

そして、スタンダードと比べ表情も豊かに表現するので、ダンスだけでなく表情も楽しむことができ、見ている観客の心もグッと惹きつけるでしょう。

ラテンアメリカンの種類は主に5つ
・チャチャチャ
・サンバ
・ルンバ
・パソドブレ
・ジャイブ

ラテンアメリカンの中で、チャチャチャとサンバそしてルンバは人気の高いジャンル。
情熱的で感情をあらわしたチャチャチャとサンバとルンバについてみていきましょう。

ラテンアメリカンの種類①:チャチャチャ

チャチャチャは擬音語で、ダンサーがおどる際に床を叩く音から名づけられ、リズミカルでキレのあるダンスが特徴です。

ラテンアメリカンの種類②:サンバ

陽気なブラジルをイメージさせるかのような曲で楽しく軽やかにおどるのが印象的。
初めておどる方でも覚えやすい人気のあるジャンルです。

ラテンアメリカンの種類③:ルンバ

ジャンルの中では比較的ゆったりとおどるのが特徴。
男女の愛や葛藤をダンスで表現します。ラテンアメリカンの中では、比較的おどりやすく最初に習うことが多いでしょう。

まとめ

種類の多い社交ダンス!興味のあるジャンルから始めてみましょう

社交ダンスは年齢や国とわず、誰もが楽しみ愛されてきました。
たとえ言葉が通じなくても、おどることでコミュニケーションをとり、ダンサーだけでなく観客とともに楽しむことができます。

社交ダンスの種類は豊富で、色々なイベントで披露されます。
敷居の高いパーティーでは、おどる時間がもうけられ、たくさんの方がダンスの時間を有意義に楽しむことでしょう。

せっかくパーティーに出席するのであれば、コミュニケーションの一つとして社交ダンスをこの機会に習い始めてみてはいかがでしょうか。
新しい自分を発見し、おどることが好きになるかもしれません。