社交ダンス漫画『背すじをピン!と』を競技ダンサーがご紹介!

『背すじをピン!と』の名前だけ聞くと背中を伸ばすための姿勢の話かと思ってしまいますよね。

しかし今回ご紹介させていただくのは『第2回次にくるマンガ大賞コミックス部門』で1位になったこともある競技ダンスを題材にした漫画!

ほのぼの青春系漫画なので、男性だけでなく女性にもおすすめの漫画です。

『背すじをピン!と』のテーマはボールルーム!

物語の舞台は『鹿鳴館高校』。

新入生を獲得するための部活紹介でひと際目立っていたのは競技ダンス部!

主人公は友人とともに競技ダンス部の体験入部に向かい、気付いたら競技ダンスの世界に踏み込むことに。

高校1年生で入部してから3年生で卒部するまでの月日が凝縮されています。

テーマは競技ダンスというマイナー競技ですが、高校の部活という普遍的な物語が漫画では描かれています。

またジャンプによくある主人公の才能が開花するようなものではなく、極めて普通で平凡な主人公の成長が丁寧に描写されている漫画です。

『背すじをピン!と』の試し読みがしたい人は……

試し読みは各種サイトで提供されています。

たとえば『少年ジャンプ公式サイト』や『ソク読み』では全巻冒頭の数ページを読むことができます。

キャラクターの可愛さに定評のある『背すじをピン!と』の試し読みをすれば、すぐにその魅力がわかると思います。

試し読みをして気になった方はそれらのサイトからも電子版を購入することができますよ。

『背すじをピン!と』は全巻大人買いしても4,180円

試し読みをして気になった作品を全巻揃えたくなることもありますよね。

単行本は全10巻で完結しており、各440円です。

またkindle版では一冊418円なので全巻大人買いしても4,180円です。

紙媒体にこだわりがない方はkindle版でのお買い求めがおすすめです。

完結しているからこそ思い切って全巻購入してみるのもアリかもしれませんよ!

『背すじをピン!と』の最終回はとにかく熱い

ジャンプ漫画にありがちな一発逆転などが描かれていないのがこの漫画の醍醐味。

一般的な読者が感情移入しやすいスモールステップでの主人公の成長が最終回まで描かれています。

それだからこそ最終話でのヒロインの想いがとにかく刺さります。

地道に頑張ったカップルが、決して華々しいとは言い難い日常を愚直に歩んできたからこそ発せられる気持ちは競技ダンサーの心に染みますよ。

二人三脚で歩んできた二人の互いへの感謝は感動必至です。

最終回を読んだあとに最初から読み返すともう一度楽しめるようなストーリーになっていますよ。

『背すじをピン!と』のその後が気になる!

途中伏線として描かれていたと考えられるブラックプールの結果や他のカップルへのリベンジは漫画の中で描かれていません。
また鹿鳴館高校競技ダンス部は、主人公の入部当初とは異なり「初心者でもできそう!」と思わせる楽しいダンスをモットーにますます盛り上がっています。

社交ダンスサークルを運営している方は運営面でも『背すじをピン!と』が参考になりますよね。

主人公だけでなく、彼らの所属していた競技ダンス部のその後も気になるところです。

是非続きが読みたいですよね。

『背すじをピン!と』は打ち切りだったの?

最後にストーリーが急展開していくことからネット上では『背すじをピン!と』は打ち切り説がささやかれています。

しかし各巻2万部前後の売り上げがコンスタントにあったことから一定のファンがいたことに間違いありません。

テーマが競技ダンスと少しニッチだったにも関わらずこの売上冊数なので、競技ダンスに興味がある方であれば確実に最後まで楽しく読むことができますよ。

また最後はストーリー展開がやや駆け足気味ではありましたが、かえって冗長にならずに完結した点は読者にとってメリットかもしれません。

『背すじをピン!と』のアニメ化はあるのでしょうか?

残念ながら2021年3月現在、アニメ化は予定されていないようです。

しかし『アニメ!アニメ!』において実施されたアニメ化してほしい漫画のアンケートにて、完結作品中で2位という結果に!

「魅力あふれるダンスをアニメーションで見たい」という要望もあり今後のアニメ化に期待したい作品です。

同じく競技ダンスがテーマになっている『ボールルームへようこそ』はアニメ化されているので『背すじをピン!と』のアニメ化にも期待したいですね。

『背すじをピン!と』で背すじを伸ばすきっかけに!

まったくの競技ダンス初心者である主人公がひとつひとつ関門を乗り越えていく姿は自分に投影できるものがあります。

競技ダンスをやっている方はもちろん、そうでない方もなにかに愚直に取り組んでいくモチベーションになります。

日々背すじをピンと伸ばすだけでも見える世界が変わりますよ。

『背すじをピン!と』の漫画を読んでみてはいかがでしょうか。