社交ダンスには種類がありますが、中でも有名なのはワルツでしょう。

ワルツは社交ダンスの基礎的な動きが含まれているので、社交ダンスを始める人が最初に取り組むことが多いです。そのためワルツのステップを覚えると他のダンスへのステップアップとなります。

ではワルツがどういったものなのか成り立ちやステップについて紹介していきます。ワルツのポイントも紹介しているので、社交ダンス初心者でワルツがうまくならないという方は参考にしてください。

社交ダンスのワルツのができた成り立ちとは

ワルツは13世紀に西オーストリアや南ドイツで農民がよく踊っていたヴェラーというダンスが発祥とされています。ヴェラーは現在の社交ダンスと同様に男女が触れ合って踊るダンスです。

ただその当時、男女が手を取り合うという文化がなかったので、法律的に禁止されていました。その中でバレないようにコッソリと踊っていたようです。

そこから時を経て16世紀になると、都市部の人もヴェラーをより上品にしたダンスを踊るようになりました。この時からワルツが生まれ、徐々に社交ダンスで踊るワルツへと進化したのです。

そして国際的な場でワルツが登場したのは1814年のウィーン会議で、その時に披露されたのはヴェニーズワルツと言われています。ヴェニーズワルツとワルツではステップやリズムなどが異なるので注意しておきましょう。

社交ダンスのワルツにはどんな特徴がある?

ワルツは日本語で円舞曲とも言われますが、その文字通り回転が多いのが特徴の社交ダンスです。社交ダンスには主にスタンダードとラテンアメリカがありますが、ワルツはスタンダード種目に含まれます。

スタンダード種目は5つありますが、ワルツを最初に踊ることが多く、男女の相性を印象付けるダンスです。

そんなワルツには主にスイングとライズ・アンド・フォールという動きがあります。

ワルツの動き①スイング

社交ダンスで言うスイングとは体を動かす・揺らすという意味があって、他の社交ダンスでも必須の動きとされています。スタンダード種目でもスイングを取り入れたステップが多いので、社交ダンスを始める方はスイングから覚えることになるでしょう。

ワルツは基本的にゆったりした曲調に合わせて体を動かすので、スイングを大きく見せるのがポイントです。スイングを大きく見せるにはライズ・アンド・フォールという技術が必要になります。

ワルツの動き②ライズ・アンド・フォール

ライズ・アンド・フォールとは体を上下に動かす技術です。ライズで体を通常の位置より高くして、フォールでライズの状態から元の位置に戻ります。

この時にライズの動きを大きくするのがワルツを上手に踊るコツです。ライズはいわば次へ向けた予備動作なので、それを大きく見せることで次のステップが力強いものになります。

またライズ・アンド・フォールはスイングと同じように基本的なステップの内の一つです。ライズ・アンド・フォールを習得すれば、中級者向けの社交ダンスへとステップアップできるでしょう。

社交ダンスのワルツを上手に踊る秘訣とは

社交ダンスで踊るワルツを上手に魅せるには大きく見せることがポイントです。ただ他にも2つのコツがあるので紹介していきます。

ホールド

社交ダンスで言うホールドとは男性と女性が組むポーズです。社交ダンスの中でもスタンダード種目ではホールドを取ることが多いのでしっかりつ覚えておきましょう。

ホールドで大事なので握る力と手を置く位置です。ホールドでは男性が左手、女性が右手ををつなぎますが、この時に強すぎず弱すぎず手を握るのがポイントです。目安としては卵を握る程度の握力と言われています。卵は握りつぶすと割れてしまいますが、弱すぎると落下してしまうので、握る力が分からないという方は実際に卵を持ってみるのも良いでしょう。

そして反対の手を置く位置ですが、男性は女性の左肩甲骨の上に、女性は男性の右肩あたりです。この時に女性側は男性に添えられた手にもたれかかるとしなやかさが生まれるので、より優雅に魅せることができます。

ウォーク

社交ダンスは歩くダンスです。歩くだけだと勘違いするかもしれませんが、ウォークは社交ダンスの基礎とされているため、正しいウォークができていないと優雅に社交ダンスをできないでしょう。

ウォークは社交ダンスのレッスンの中でも地味ですが、しっかりと足裏・膝・足首・股関節の動かした方を習得するのが社交ダンス上達の一歩です。

まとめ

社交ダンスのワルツが正式に生まれたのは1814年のウィーン会議です。そこから世界的にワルツが知れ渡り社交ダンスとしても取り入れられています。

ワルツを上手に踊るにはスイング・ライズ・アンド・フォールで体を大きく見せ、ホールドとウォークで基礎を作ることが大切です。

正しいワルツを習得すれば自分を通常より優雅に魅せることができるので、ワルツを覚えて自分磨きをするのも良いでしょう。