社交ダンスは男性と女性が手を取り合って優雅に踊るのが特徴です。その美しい見た目から社交ダンスに憧れる人も多いでしょう。

そんな社交ダンスはいつから踊られるようになったのでしょうか?そこで現在の社交ダンスになるまでの歴史について紹介していきます。現在の社交ダンスについても取り上げているので、社交ダンスを始めるという方は覚えておきましょう。

社交ダンスの歴史とは

現代でよく踊られる社交ダンスの一種であるワルツが確立したのは、18世紀後半のことです。現在のワルツが確立されるまでには以下のような過程を経ました。

  • 12世紀のラウンドダンス
  • 16世紀のラ・ボルタ
  • 18世紀のヴェニーズワルツ
  • ラウンドダンスとは

    ラウンドダンスとは広場などに大勢の人が集まって、全員が同じような動きをするダンスです。ラウンドダンスは現代でもダンスの一種として存在していますが、12世紀のラウンドダンスとは大きな違いがあります。

    その当時のラウンドダンスは男性と女性が手をつないでおらず、それぞれが独立してダンスをしていました。男女が手を取り合わないので、現在の社交ダンスにある男女がお互いに触れる優雅さはありません。

    やはりその当時は、男性と女性が手取りあって何かをするという考えは無かったのでしょう。

    ラ・ボルタとは

    ラウンドダンスは16世紀頃まで主流でしたが、その後ラ・ボルタというダンスが誕生しました。ラ・ボルタでは男女が手を取り合ってダンスをしていたようです。ここにきてようやく現在の社交ダンスに近づいてきたと言えるでしょう。

    ヴェニーズワルツとは

    18世紀後半になるとヴェニーズワルツというダンスがヨーロッパのウィーンで誕生します。当時のヴェニーズワルツでは男女が向かい合って、手を取ってダンスを踊っていたので、この時が社交ダンスが誕生した瞬間です。

    ヴェニーズワルツの特徴は、素早い動きながらも優雅さがあるところです。ダンスを見ている側は優雅さを感じますが、踊っている側は目が回ることもあるので難易度が高いとされています。

    またヴェニーズワルツはウィンナーワルツなどとも呼ばれますが、これは発音の違いだけで同じダンスを意味します。

    現在の社交ダンスの種類とは

    現在の社交ダンスには大まかに分けるとスタンダードとラテンアメリカの2種類に分けられていて、そこからいくつかの社交ダンスに分かれているので紹介していきます。

    スタンダード種目の社交ダンスとは

    スタンダード種目の社交ダンスでは、男女が近接して状態で流れる曲に合わせたダンスをするのが特徴的です。服装は女性がドレス、男性が燕尾服を着用していて、社交ダンスと言えばこの格好をイメージする人も多いでしょう。

    そしてスタンダード種目は主に以下の5つのダンスです。

  • ワルツ 社交ダンスの基本となるダンス
  • タンゴ キレのある動きが多いダンス
  • スローフォックス・トロット ゆったりとした曲に合わせて優雅に踊るダンス
  • クイック・ステップ 跳ねたり走ったり運動量が多いダンス
  • ヴェーニーズ・ワルツ リズムが早くステップの種類が少ないダンス
  • スタンダードの社交ダンスには5つの種目が含まれます。難易度が高いダンスもありますが、難易度が低いものもあるので社交ダンスを始めるという方にぴったりです。また、これから社交ダンス教室に通うという方も、まずはスタンダード種目のワルツから踊っていくことになるでしょう。

    ラテンアメリカ種目の社交ダンスとは

    ラテンアメリカではスタンダードとは違って、男女が離れる機会が多く、より激しい動きをするというのが特徴です。上級者になるとアクロバティックな動きも合わさってより優雅さがあります。

    衣装もスタンダードとは大きく異なり、女性の場合は肌の露出面積が多いです。ただ単に肌を露出しているのではなく、女性の美しさが伝わるような衣装になっています。

    そしてラテンアメリカの社交ダンスは以下の5つです。

  • チャチャチャ リズミカルな曲に合わせて女性をキュートに見せるダンス
  • サンバ ブラジルのサンバを社交ダンス向けにしたダンス
  • ルンバ ゆっくりしたっ曲に合わせて男女の恋愛を表現するダンス
  • パソドブレ 社交ダンスで唯一男性がメインになるダンス
  • ジャイブ アップテンポな曲に合わせて踊るダンス
  • このようにラテンアメリカの社交ダンスは比較的運動量が多いです。そのため社交ダンス初心者がするのは難しいでしょう。まずはスタンダードのステップを覚えてからラテンアメリカに挑戦するのがおすすめです。

    まとめ

    現在の社交ダンスが誕生したのは18世紀です。それ以前もダンスは踊られていましたが、現在とは大きく形が異なっていました。

    そして現在の社交ダンスにはスタンダードとラテンアメリカに分けられます。スタンダードの方が比較的難しくないので、これから社交ダンスを始める方もスタンダード種目の一つワルツから始めていくと良いでしょう。そこからステップアップしていって、競技会に出場してみるのも良いですね。