「今すぐにキレイなラインを手に入れたい」。そう思った時に役に立つのが「骨盤ガードル」です。骨盤ガードルは、程よい締め付けと、ボティメイク可能な設計で、履いた瞬間に美ラインが実現できてしまいます。

しかし、履くシーンやタイミングによっては、骨盤ガードルのタイプを選ぶ必要があります。履けば効果を実感できる骨盤ガードルですが、きちんと自分に合っているタイプを選ぶと効果倍増。よりキレイなラインをメイクできるような、素敵な骨盤ガードルを紹介していきます。

骨盤ガードルって実際効果はあるの?

骨盤ガードルって履くだけだけど、ボディラインを本当に変えてくれるのか、効果が気になりますよね。ズバリ、効果はあります。履くだけでも、お尻はキュッと上がり、太ももホッソリお腹はギュッとひきしまります。なんで履くだけなのに、そこまでの効果を得られてしまうのか。その理由は、お肉は移動するから。

骨盤ガードルを履く時は、ズボンを履くのと同じようには履きません。着用後太ももは、筋肉のねじれを解消するように、内から外にお肉をもっていく。横に広がったヒップは、ガードル中心に収める。このように意識して履くことにより、お肉が移動し体が覚えてくれるのです。

しかし、ガードルを履かなくなったら、正直元には戻ります。ですが継続して着用することにより、元に戻るスピードは遅くなるので、1日履かないとすぐ元通りということはありません。徐々にではありますが、骨盤周りも締まってパンツが履きやすくなる感覚があると思います。そして骨盤が締まるということは、歪みが改善されてるということ。歪み軽減でむくみが減り、脚が細くなったという方もいます。

骨盤ガードルのハイウエストが必要な人とは?

骨盤の歪み改善目的でも、ハイウエストタイプを選ぶとお腹周りの引き締まりもかなえてくれるでしょう。私はハイウエストタイプの方がオススメです。なぜならガードルだけだと、細く見せたいウエスト周りに、プヨッとガードルにのっかる肉が現れるから。

ウエストの引き締まったラインがあってこそ、女性らしいラインを作る事ができます。背中が四角くウエストを感じられない方、腰肉が多くパンツが腰回りで食い込む方には、ハイウエストがオススメです。ハイウエストであれば、気になるポッコリお腹も引き締めてくれますよ。

骨盤ガードルのサイズ選びはとても重要

骨盤ガードルでサイズ選びはとても重要になってきます。緩すぎると引き締め効果を得られない、きつすぎると圧迫により血流を悪くしたり、苦しくて気持ち悪くなったりします。痩せたいから、ワンサイズ下のガードルを選んだがために、肌に食い込み擦れて色素沈着することもあります。ちゃんとした効果を得たいなら、購入前に試着してプロの意見を聞くことをオススメします。

私は店頭にて購入したため、店員さんにサイズを選んでもらいました。1サイズ違うだけで、見栄えが違います。何着かサイズを変えて試着をしましたが、やはりジャストサイズが一番キレイにボディメイクできました。ネットで購入する場合は、自分で測る必要があります。もし難しければ、サイズだけ店頭にてプロに測ってもらう裏技もあります。営業の邪魔にならない程度にご協力いただきましょう。いずれにしても、ちゃんと体に合ったサイズのガードルが、1番効果が出るのはお忘れなく。

骨盤ガードルを寝る時に着用するのはアリか?

たまに時間を有効に使うために、寝る時にも骨盤ガードルを使用する方がいます。夜寝る時の体は、すべてが解放状態です。体が緩んでリラックスしている時に、締め付けの強いものを身に着けていると、血流が悪くなってしまいます。そうなると、締め付けによるストレスで、深い質の良い睡眠はとれません。キレイになる為にしている行為が、逆効果となってしまいます。締め付けの強い骨盤ガードルは、履かない方が良いでしょう。

とは言っても、乙女は常にキレイの為に、時間を費やしたいと思います。就寝時専用の、そこまでホールド感が強くない、睡眠の妨げにならない骨盤ガードルもあるんです。お腹を締め付けないタイプで、変化を出したい骨盤・ヒップアップの部分だけにベルトが入っているのです。日中使用するようなガードルよりは緩いので、自宅でのリラックスタイム、冷え対策として使用するもの良いでしょう。

「骨盤ガードル」就寝時におすすめなタイプ

日中はもちろんのこと、就寝時にも着用しても睡眠の妨げにならない骨盤ガードル「整体ショーツNEO」。ショーツとは言っていますが、骨盤を立てて引き締める設計になっています。骨盤のケアをしっかりしつつ、骨盤の歪みによる辛さも軽減。寝る時にも使用できる、気持ちよい締め付け感。負担にならずに24時間骨盤ケアをしたい方には、オススメです。1度「整体ショーツNEO」を着用すると、気持ちよすぎて他のショーツは履けなくなると言います。

骨盤ガードルは産後いつからの着用が効果的?

妊婦さんの骨盤ケアは、出産後すぐに始めます。出産後2週間くらいは、デリケートな腹部は圧迫されないよう、骨盤だけがケアできるベルトタイプからにしましょう。1ヶ月過ぎたころから、開いた骨盤を元の状態に戻してくれる、骨盤ガードルに切り替えます。産後6ヶ月位までが、体型を戻すチャンス。特にヒップやウエストラインが崩れやすくなるので、気になる部分をチェックして、目的に合わせた骨盤ガードルを選ぶのが良いでしょう。

「骨盤ガードル」産後ママに人気沸騰!

産後の骨盤ガードルで、ママさんの中で人気なのが、下着メーカーで有名なワコールから出ている「シェイプマミーガードル」。こちらはたるみが出てくるウエスト・お腹をハイウエスト設計で整えながら、ヒップのサポートもしてくれます。崩れやすいボトムのシルエットを美しく整えてくれるのです。4段3調節のパワーリボンで、より強力に骨盤をサポート。しかもアウターにひびきにくい仕様になっているので、安心して着る事ができますね。

「骨盤ガードル」今人気なガードルが知りたい!

骨盤ガードルをシーン別に紹介してきましたが、様々な種類が出ているので、どうせなら人気のガードルを使いたいですよね。そんなあなたの気持ちにお応えするべく、今インスタグラムで人気の骨盤ガードルを2つ紹介します。

まず1つ目が、美容整体師が監修している「マジカルシェリー」。着用時にヒップを斜め下からグイッと押し上げ、骨盤を締めながらホールドする。その為、履いた瞬間にスッキリを実感できます。骨盤、腰回りを幅広タイプのベルトでホールドするので、歩くときに違和感を感じていたのがなくなったと、シェイプ意外の嬉しい効果も。履き続ける事で、骨盤の歪みへの働きかけに期待ができそうです。

2つ目は、育乳するナイトブラで人気が高い、ツーハッチより出されている「骨盤ガードル」。下着もファッションの一部という考えから、レースがとても可愛く履いていてもテンションが上がります。効果のほどは、絶妙な締め付け感でむくみを一掃。パンツが緩くなったという口コミも。きつく感じないのに細く見える点がポイント高いです。

まとめ

骨盤ケアと一口に言っても、日中履くタイプ・産後ケア・就寝時など、履くタイミングやケアしたい箇所により、ガードルの種類は異なってきます。一度履いて効果を実感できると、お洋服に合わせた丈の長さ、色など様々揃えたくなります。メーカーによっても締め付け感が違うので、気付いたら3種類の骨盤ガードルが家にありました。

一度履いてみると、骨盤ガードルの素晴らしさが分かります。一瞬でキレイなウエスト、ヒップ、もものラインができてしまうから。まずは1着試してみませんか。