金スマにて社交ダンス対決が放送されましたね!

「裏切りと嫉妬が渦巻く社交ダンスに新展開」だなんて、かなり煽られていましたが、みなさんはチェックされましたか?

山本アナvsキンタロー。ということで、今回は金タローが新しいリーダーを見つけて再戦。

学連時代の専攻はラテンだったキンタロー。は、いくらモダンでの対決といっても前回の敗北を払拭したい様子!

リーダー募集のオーディションを開いて、自分の方向性とピッタリくるリーダーを探していました。

キンタロー。が見つけた最強のリーダーとは?!

そこで見つかったのは、ロペスこと芸人の岸英明さん!

山口集人さんという相方と「ぱいんはうす」というコンビで活動する、フリーの芸人さんでした。

いわばキンタロー。の後輩にあたる方で、なんと元学連チャンピオンなのだとか。

専攻はラテンだったとのことで、キンタロー。さんと息があったのかもしれませんね。

いつか、ロペス・キンタロー。組のラテンが見たいと思うのは私だけじゃないハズ。

ロペスというのはMCの中居さんがつけたニックネーム。

あまりに自然なMCで決定したのですが、岸さんの親しみやすいキャラクターも相まって、スグに定着しました。

理由は、横浜DeNAベイスターズのプロ野球選手のホセ・ロペス選手に似ているから!

背が高くて筋肉隆々、マッチョで黒い・・・確かに似ていますね。

岸さんの黒さは、公園で焼くことで保たれているそうですよ!山本アナはそれを聞いて一言、エコロジカルと言っていました(笑)

そんな勢いのあるロペス・キンタロー。組に負けず劣らず、山本アナ・市來玲奈 組も練習に励みます。

迎えた決戦は、JPDSA東部総局多摩ダンス競技会。タンゴとスローの2種目戦です。

ここに山本アナ・市來玲奈 組はC級昇格を目指して出場したのですが、そこにはライバルのキンタロー。の姿が。

そう、ロペス・キンタロー。組にとっては、組んでから初めてのデビュー戦だったのです。

社交ダンス対決の結果は・・・

デビュー戦とは言っても、ロペス・キンタロー。組は2人ともかなりの実力者。

ロペス・キンタロー。組のパワフルな踊りは華やかでしたね。三輪嘉広コーチも、実力の7割程度を出せているとコメントしていました。

対して、1次予選から踊り続けるハードさに徐々にホールドがさがってしまう山本アナ。

バリエーションを楽しそうに踊るロペス・キンタロー。組にどうしても気が散ってしまいます。合間では「強い、マズいなコレ・・・」と動揺を隠せません。

そんなピンチな状況だったからこそ、市來玲奈さんの勝負強さが見えましたね。

市來玲奈さんは、JDSF強化選手としての過去があるダンサー。肉体的にも疲れがでてくる決勝で、あの落ち着き方はサスガです。

山本アナに対するアドバイスも、彼を責めるのではなく前に進むような言い方を選ぶ・・・。一歩引いてサポートできるパートナー力が光っていました。

しかし、結果はロペス・キンタロー。組が1位。山本アナ・市來玲奈 組はくしくも2位でした。

キンタロー。さんとロペスさんの笑顔が眩しい反面、初めての敗北に悔しさが隠せない山本アナと、涙する市來玲奈さん。

ロペス・キンタロー。組のオナーダンスは、やはり複雑な表情が浮かびます・・・。

再戦!山本アナvsキンタロー。

でも、ここでおわりじゃありません!山本アナ・市來玲奈 組は悔しさをバネにロペス・キンタロー。組に再戦を申し込みます。

今度は自分たちの武器であるワルツで、打倒ロペス・キンタロー。組を誓うのです!

「自信がないのが、踊っていて伝わる・・・」とつぶやいていた市來玲奈さんも本気で勝ちにいくため、昔お世話になっていたコーチャーのもとに山本アナをつれていきます。

山本アナの本気!特訓スタート

ここから山本アナ・市來玲奈 組は、山本武志・大嶋友美コーチと篠田沙代子 監督のもと、さらに練習に励みます。

ここで、審査員は何を見ているのか、社交ダンスの基礎を篠田沙代子 監督から学びます。

また、山本アナはアナウンサー業の都合をつけ、市來玲奈さんや山本武志・大嶋友美コーチと共に合宿へ。売れっ子アナウンサーなのですから、無理をしたのではと思います。

そこで、社交ダンスを踊るために必要な筋力から、体の使い方、踊り方などを全て見直します。

ダンベルを持ちながらホールドを1分50秒キープ、10秒リカバー(休憩)を10セット・・・これは辛いですね。

また、山本武志コーチも一緒にやっていますが、微塵もブレません。さすがはプロです。

そんな基礎の積み重ねと同時に、山本アナ・市來玲奈 組は「玲奈スペシャル」というバリエーションを習得して決戦に向かいます!

対して、ロペス・キンタロー。組は、キンタロー。の舞台が重なりペアではほぼ練習ができない状態。

キンタロー。がロペスに申し訳なく思いつつも効率よく練習するよう心掛ける場面や、ロペスが公園で一人で練習している姿はステキでしたね。

MCの中居さんも「山本アナの長い特訓VTRより、今のロペスに気持ちが奪われた」なんて言っていましたが、練習はできなくてもロペス・キンタロー。組のパートナーシップは流石です。

三輪嘉広コーチの指導のもと、勝てる練習を積み重ねて勝負に出ました。

最終対決!山本アナvsキンタロー。

迎えたDSCJ D級戦 スタンダード部門。

見違えるほど上手になった山本アナ・市來玲奈 組にスタジオも驚きが隠せませんでした。

山本アナも市來玲奈さんも余裕がでてきて、楽しそうな表情で踊っていましたね。

特に、一次予選のワルツでは堂々としていてかっこよかったです。
ロペス・キンタロー。組もまけていません。

ロペス・キンタロー。組にとってはワルツは初めての種目になりますが、2人のキレが光るタンゴは見ていても楽しいです!

また、どうしても練習が少なくなってしまったキンタロー。を気遣い、決勝まではバリエーションで臨むなど、戦略的なコーチャーの指導が光りました。

クオリティの高いベーシックはスッキリとしていて気持ちがいいですね。

結果は、ロペス・キンタロー。組が優勝。山本アナ・市來玲奈 組は2位でした。

涙を浮かべる山本アナと市來玲奈さんですが、前回とは打って変わってやりきったという表情が混じっていました。

確かに、悔しさのなかでも山本アナ・市來玲奈 組は明らかにレベルアップしていましたからね。

最初のJPDSA東部総局多摩ダンス競技会の時とは比べ物にならないほど自信をもって踊りきれた様子。

JPDSA東部総局多摩ダンス競技会では、ロペス・キンタロー。組のバリエーションや周りの踊りを気にしていましたが、DSCJ D級戦では見る影もありませんでした。

また総合ではロペス・キンタロー。組に劣ったものの、こだわりのワルツでは1位の評価を得ることができたのです!

思えばパートナーの市來玲奈さん、キンタロー。さん、ロペスさんは全員経験者ですからね。その中で成長していく山本アナの今後から目が離せません!

また、キンタロー。さんも、波長のあうリーダーと組むことができて楽しそうでした。

共に実力のある者同士、体格や本業のバランスもとれたカップルですね。

とはいえ、ロペス・キンタロー。組もまだまだ始まったばかり。今後に期待が高まります!