『ボールルームへようこそ』アニメも原作漫画も徹底解説!

2017年7月期に放送していたアニメ『ボールルームへようこそ』をご存じですか?

「名前だけは知っているよ!」という方も多いかと思います。

今回は競技ダンスをテーマにした『ボールルームへようこそ』の漫画、アニメの両方をご紹介させていただきます。

アニメ『ボールルームへようこそ』の原作はマガジンで連載中

『ボールルームへようこそ』の原作は月刊少年マガジンに連載されています。
作者の竹内友は実際にラテン専攻の元競技ダンサーという経歴です。
その経験をもとに書き上げられたのが漫画『ボールルームへようこそ』です。
主人公の男子中学生 藤田多々良がプロダンサーである千石要にカツアゲから助けてもらったことから競技ダンス(社交ダンス)と出会います。
多々良はどんどんと競技ダンスの魅力に気づき、そして才能を開花させていくお話です。
2013年にはまんが大賞で2位に選出された実力派の作品です。

アニメ『ボールルームへようこそ』の原作は何巻まであるの?

途中、作者の体調不良による休載を挟みながらも2020年1月には10巻目が発売されました。
そして2021年4月には11巻の発売も予定されています。
まだ完結していないので、今後の展開が気になりますよね!

アニメ『ボールルームへようこそ』の原作漫画を無料で読むには……

『U-NEXT』では無料トライアルで手に入る600円分のポイントを利用して1巻無料で読むことができます。
また他にもさまざまなサイトで1巻無料試し読みを実施しています。
最初から全巻揃えるのは少し迷う、という方はまずは1巻無料で読んでみてはいかがでしょうか。
読めばきっと続きが読みたくなりますよ!
またアニメは『HULU』やAmazonのPrime会員であれば『Prime Video』で全話視聴可能です。

アニメ『ボールルームへようこそ』の感想をご紹介

”赤城真子の「わたしを花にしてください」というセリフが印象的。”
”登場人物の心理描写が秀逸で目が離せない。”
”これを機に競技ダンスをやってみたくなった。”
魅力的な登場人物と、彼らが奮闘する姿、そして華やかなダンスシーンと見どころが盛りだくさんです。
また漫画と異なり音楽も一緒に楽しめるのはアニメならではの魅力です。
実際この漫画やアニメを機に競技ダンスを始める若手が一気に増えました。

アニメ『ボールルームへようこそ』は人気声優が勢揃い!

富士田 多々良役を土屋 神葉が、花岡 雫役を佐倉 綾音が務めています。
土屋 神葉は『ハイキュー』、佐倉 綾音は『新サクラ大戦the Animation』など多くの作品に出演している声優です。
他にも岡本 信彦、富田 健太郎、諸星 すみれ、森川 智之と人気声優たちが肩を並べています。
新人声優からベテランまで幅広い声優陣により、フレッシュながらも安定感のある仕上がりになっています。

アニメ『ボールルームへようこそ』主題歌は新曲書き下ろし

オープニングは『UNISON SQUARE GARDEN』による書き下ろしです。
競技ダンスをテーマにしたアニメにあうよう、「実写でぎりぎり表現できないときの速さ」を表現。
軽快かつポップな楽曲が印象的です。
またエンディングは小松未可子が歌っています。

アニメ『ボールルームへようこそ』は大手制作会社が製作

制作は『Production I.G』が手掛けています。
Production I.Gは恋愛からファンタジーまで幅広いジャンルのアニメを手掛ける大手制作会社で、『アオハライド』や『Fate Grand Order』などを制作した実績もあります。
競技ダンスならではのスピード感や華やかさが忠実に再現されていますよ!
さらに主人公の多々良が初心者の時にはダンスシーンは止め絵、ダンスが上達するにつれてダンスシーンの動きが出てくるといった細かな表現がされています。

アニメ『ボールルームへようこそ』2期の制作はあるのでしょうか……

残念ながら現時点で2期の制作発表はされていない状況です。
途中で原作の休載があり、原作のストックが足りないため2期が制作される場合でももう少し先になると言われています。

アニメ『ボールルームへようこそ』の続編が楽しみですね!

漫画はもうすぐ11巻の発売が控えていることもあり、続きが楽しみですよね。
アニメの制作途中に作者の体調不良によりアニメが原作のストーリーを追い抜いています。
もちろんアニメのストーリーも作者が今後の展開を伝えた上で作られていますが、アニメと漫画の違いを比べてみても楽しいですよ。

多々良のように競技ダンスをはじめてみてはいかがでしょうか

主人公の多々良も最初は偶然競技ダンスのことを知り、どんどんとのめり込んでいきます。
漫画やアニメほどドラマチックな出会いでなかったとしても、競技ダンサーの大半は偶然競技ダンスの存在を知ってハマってしまった人ばかりです。
そして最初からダンスが上手な人はいません。
みんな多々良のように初心者から始めて練習を重ねて上達しています。
是非気兼ねすることなくダンスを始めてみてはいかがでしょうか。
実際にダンスを始めると、アニメや漫画で描かれているものと実際の違いが分かってさらに面白いですよ!