【社交ダンス】5種類あるから楽しめる「ラテンアメリカン」の魅力を徹底解説します

社交ダンスは、男性は燕尾服・女性はドレスを着て二人で寄り添いながら優雅に踊る。そんなイメージのある社交ダンスですが、実は10種類もあり、それぞれ衣装も曲調も違います。大きく分けると、男女が腕を取り合い優雅にゆったりとした曲で踊る「スタンダード」、ワイルドな衣装で感情を爆発させるようにリズミカルに踊る「ラテンアメリカン」の二つがあります。

今回はこの2つのダンスのうち「ラテンアメリカン」について詳しくご紹介していきます。「ラテンアメリカン」と一括りに言っても種類は5種類。それぞれの違いを見ていきましょう。

社交ダンスのラテンアメリカン部門は5種類

社交ダンスの中の「ラテンアメリカン」には、「チャチャチャ」「サンバ」「ルンバ」「パソドブレ」「ジャイブ」の5種類があります。ラテンアメリカンの特徴は男女が腕を取り合うこともあれば、離れて踊る事もある。会場をダイナミックに動き周り体全体を使い、情熱的に踊るダンスです。それもそのはず、このダンスの基盤となる国は、キューバやブラジルなどのラテンアメリカンと呼ばれる国々から生まれたのです。

筋肉が付いたメリハリのある体に、弾けんばかりの笑顔。見ているだけで熱くなる、それが「ラテンアメリカン」ダンスです。このダンスには初めに紹介したように、5種類ありますが、同じ情熱的なダンスとは言え発祥した国により全く雰囲気は違います。それぞれ説明していきます。

チャチャチャ

「チャチャチャ」はキューバ起源ダンスです。ベースとなるのはダンソンとソン・モントゥーノ。ダンソンとはキューバの公式の音楽ジャンルとダンスで、それぞれの楽器が奏でるメロディを聴きながら、ゆっくりとエレガントなポーズをとっていきます。一方ソン・モントゥーノは、キューバの東部高地で生まれました。地図上だとキューバとは程遠いですが、スペインとアフリカの要素を融合させたダンスです。人気のPOPソングを使用されることが多く、ラテンアメリカンの中では最も人気です。4拍子のキレがあるけど濃厚な音楽とダンス、見ていると自然に体を動かしているような、リズミカルなダンスです。

サンバ

サンバは、ブラジルの「サンバカーニバル」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。まさしくその通りで、打楽器の賑やかな音楽にのせて明るく陽気に、フロアを大きく使い移動しながら踊ります。競技用のため英国式にアレンジしたダンスになるので、「お尻を揺らしてセクシーに」は控えめで、ゆったり目な曲がブラジルサンバとの違いかもしれません。こちらのダンスもとにかく楽しく踊れます。多少できなくても、音楽を聴きながら笑顔で踊れるので馴染みやすく、チャチャチャと並んで人気があります。

ルンバ

ルンバは、キューバのアフリカ系移民から生まれたラテン音楽で、黒人の宗教音楽から派生した音楽です。それがアメリカやヨーロッパに渡りルンバが誕生。見つめあい近づくも触れ合うことはない、じれったく素直になれない、そんな大人の切ない恋の駆け引きを表現しています。4拍子の2拍目から踊る、「タメ」を使った非常にゆったりとした踊り。ステップもゆったりしているので、ラテンアメリカンの種目の中では、一番初めに習うことが多いです。しかし、後を引くようなドラマティックな表現と、アクロバットな振り付けをすることも多いため、かなり難易度は高めです。

パソドブレ

スペインの闘牛やフラメンコをイメージしており、男性が闘牛士、女性が牛やケープを表現します。(ケープとは赤い布のこと。剣が付いていない闘牛序盤に使用されます)。力強く激しい曲に合わせ、男性の命を懸けた勇敢さと、緊張感が伝わる一番カッコいいダンスといえるでしょう。後半になるにつれ、アップテンポで盛り上がり緊迫感を伝える、という踊るにも見るにも分かりやすいのが特徴です。他のラテンにはない独特な動きですが、技術的には簡単で、初心者にはチャレンジしやすい種目です。

ジャイブ

ジャイブの発祥の地は、北アメリカにあるスラム街の「ハーレム」。黒人労働者の受け入れにより、至る所でジャズに合わせて踊る人々。その後変化をとげ、1940年代にアメリカ兵により、ヨーロッパに新しいジッタ―バーグのステップが伝えられ、それをジャイブと呼ぶようになりました。早いリズムに、足をけり上げる・跳ねるステップが特徴で、歩数も多くかなり難易度が高くなります。ジャイブは陽気な曲を使用するため、初心者が挑戦する場合でも、楽しみながら練習できるダンスです。

社交ダンス5種類のラテンアメリカン動画

社交ダンス「ラテンアメリカン」部門について分かると、実際ダンスを見たくなりますよね。魅力的に踊る動画をそれぞれ紹介します。

・チャチャチャ

・サンバ

・ルンバ

・パソドブレ

・ジャイブ

社交ダンス初心者が必要なステップの種類

ここまで読んでくださっていたら、もう体がウズウズして今すぐに踊りたくなっていることでしょう。そんな社交ダンスのステップは、選ぶ部門でもレベルでも様々あります。例えば、一番人気のチャチャチャで必要なベーシックステップは29種類です。29種類というと程遠く感じますが、「オープンヒップツイスト」「ホッキースティック」「ニューヨーク」「スリーチャチャフォワード」「スリーチャチャバック」「ハンドトゥハンド」の6種類うち3つほどチョイスし、1つターンを覚えれば、初心者でも気持ちよくチャチャチャを踊る事ができます。

社交ダンス初心者はターンは2種類でOK

先程説明したチャチャチャのステップに、すぐに組み合わせられるターンは「スポット・ターンズ・ツー」や「アレマーナ」の2種類。どちらも1回転するのではなく、半回転ずつ回ります。せっかく踊るなら、ターンがあるのとないとでは違うし、簡単なターンでも回転できると嬉しくなります。ぜひ簡単に取り入れられるステップとターンから練習してみて下さい。ステップとターンは他のラテンダンスと被る部分があるので、1つの部門ができるようになると、他の種目を覚える際にも役に立ちますよ。

社交ダンス初心者にオススメな種類とは?

では次に社交ダンス初心者が、まず初めに取り組むべきラテンアメリカンはどの種類のダンスか。それは、決まっていません。実は社交ダンスは、全部をマスターする必要がないため、気になった種目から取り組んでも問題ありません。ラテンアメリカンに限らず、気になった種目から始めてみる。慣れてきたら他の種目も取り入れてみる、そんなスタンスで気軽にできるのも、社交ダンスの魅力です。とはいえ、体が理解しやすい種目というのもあります。

それは「ジルバ」です。ジルバとは4/4拍子のリズミカルな曲に合わせて踊る、パーティーダンスです。パーティーダンスは、競技会で使われる種目よりリズムが取りやすく、ステップを覚えやすいのです。ジルバでまずステップの基本を覚えてから、ゆっくりな動きのルンバ。次にルンバに動きが似ているチャチャチャ、そしてサンバ、パソドブレ、ジャイブと進んでいくのが比較的スムーズに覚えられるでしょう。しかし、決まりはないので、やりたい種類のダンスがあれば、ダンスの先生に伝えてみて下さい。

社交ダンスの曲!おすすめCD4種類を紹介

社交ダンスで頭が一杯になったあなたは、自宅でも曲を流したくなったのではないでしょうか。ラテンダンスは陽気で明るい曲が多いので、流れているとついつい踊りながら家事をしてしまうでしょう。そんな自宅でも楽しめる、オススメCDを紹介します。

「Bologna Open Vol.4」・・・リズミカルな今風のラテン音楽です。「Gold Collection Latin
Vol.1/ALWAYS」・・・とにかくダンスを楽しみたい、様々なジャンルのダンスに対応しています。「エンジョイ・ダンス・ミュージック」・・・聞いたことのある懐かしい邦楽。聞いたことがあるから、音楽に身を任せ踊れるでしょう。「ラテン・タッチ/Laura
Fugi」・・・自宅が雰囲気漂う、大人な空間に変わります。

社交ダンスのドレスは種目によって種類が違う

社交ダンスのドレスは、スタンダードかラテンアメリカンか、選ぶダンスの種類によって全く違います。スタンダードのドレスは、スカートがフリルになっており、動くたびにスカートがひらりと舞い、踊りをゴージャスに見せてくれます。丈は、膝下から足首までと長く、露出は少なめになります。

一方ラテンダンスはというと、ダイナミックな動きが多くなるため、スカートの丈は短く、膝上からミニスカのように短いドレスを選ぶ方もいます。肌の露出が多く、体のラインが出るドレスを着て表現をする、スタンダードより少々派手です。どちらも値段はピンキリで、お手軽な物だと2万円台で購入することができます。ネットでも購入できますが、初めてのドレスは店頭で必ず試着し、サイズや着た雰囲気を確認した方が良いでしょう。特にラテンダンスのドレスは、色がはっきりしているものが多いため、好きな色でも着てみると「ちょっと違うかな」ということもあります。

社交ダンスの級の種類は「数字級」と「英字級」

ところで、いざ社交ダンスを始めようと教室を探したとき、その方のランクを表す級の教示方法が様々あることに気付かれると思います。一体どれが良いランクなのか分からないと、教室も選べませんよね。実は社交ダンスのランクは、「数字」と「英字」があり、表示方法が一定ではありません。所属した団体によって、ランクの表記の仕方が異なるのです。では社交ダンスのランクの種類について、詳しく説明していきます。

社交ダンスのランクの種類には「数字級」と「英字級」があります。数字より英字の方がランクは高くなります。まず数字級ですが、こちらの級はJDSFという団体のみで設定される級です。1~3級があり、数字が少ない方が上位ランクになります。3級の試合は、ランクを持っていない方向けになります。

そして英字級のランクを持っていない方に当てられるのはノービス級。まずはノービス級の試合に出て、ランクアップを目指します。「英字級」はSA、A、B、C、D、E、Fの7種類。SAが最高ランクですが、一握りの方しかいないため特別な扱いです。そのためA級でも一番高いと言ってよいでしょう。ノービス級に合格後は、JBDF団体のアマチュアのみ設定のE・F級、他の団体はD級になり、上位ランクを目指します。ランクレベルは、所属する団体や地域によっても違いがあり、日本で一番高いレベルと言われてるのは、アマチュアのJBDA東部に所属する団体です。

社交ダンスで疑問に思った英語3種類

では最後に、ラテンダンスに出てきた意味の分からなかった英語があります。そちらを3種類紹介します。

オープンヒップツイストの「オープン」とは?

基本ステップでも紹介した、オープンヒップツイストの「オープン」。普通に考えて「開く」だと思いますよね。しかし、意味は3種類もあったんです。まず1つ目は言葉通り、足を開くという意味。そして2つ目はプロムナードポジションに開くという意味。男女2人が向かい合っているところから、90度回転して開いてプロムナードポジションになるということです。そして最後の3つ目はオープンポジションでおこなう、つまりホールドを開くという意味があります。

ジルバは日本の呼び名で本来は「ジッターバグ」

ジルバは日本のみで呼ばれており、本来は「ジッターバグ」。こちらは「Jitter」→縮こまった、「Bug」→虫と2種類の単語が合わさっています。ネイティブに発音すると、ジルバに聞こえるのでしょうね。ジルバは早いテンポのスイング・ジャズで、アクロバットな要素もあるダンスです。日本では第2次世界大戦後に盛んになった社交ダンスです。

Cuban Rocks(キューバンロックス)の「ロックス」とは?

キューバンロックスのロック、固定とか足をかけるという意味だと思っていたら、実はロックとは「揺れる」。足をもう一方の膝にかけるチャチャチャなどにでてくるステップはLock「鍵」と言う意味。聞いてる分には同じ言葉なので、初めは慣れるのに苦労しました。

まとめ

社交ダンスの中でもラテンアメリカン部門は、ダイナミックに激しく、そして陽気で楽しい、曲を体に取り込んで全身で表現していきます。ラテンを踊れるようになると、日常のストレスなんて吹っ飛んでしまいますね。

部門が違えば全く違う踊り・衣装・音楽で見ている方を魅了する社交ダンス。様々な種類があるので、できる種目が増えるとより夢中になって練習してしまいます。気になる種目があったらぜひ、チャレンジしてみて下さい。