社交ダンスのラテンを踊る際のドレス・衣装、曲はどんなもの?

社交ダンスには、ラテンというジャンルがあります。正しくは、ラテンアメリカと言い、ヨーロッパで発達しスタンダードに対し、スペインや南米、キューバの音楽で踊る情熱的なダンスのことです。
今回はそんな社交ダンスのジャンル、ラテンアメリカについて、その特徴や踊る時の衣装、ラテンを踊るのにふさわしい曲など、詳しくご紹介します。

社交ダンス ラテン 種目

社交ダンスのうち、競技ダンスの種目には、スタンダードとラテンという2つのジャンルがあります。スタンダード種目は、モダン種目とも言い、さらに5つの種類に分けられます。
ワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、クイックステップ、ヴェニーズワルツです。ヴェニーズワルツは別名ウインナワルツとも言い、一番一般的な社交ダンスと言えるでしょう。
もう一つを、ラテンアメリカ種目と言い、これも5つの種類があります
チャチャチャ、サンバ、ルンバ、パソドブレ、ジャイブです。常に男女が手を取りあって踊るスタンダードと違い、男女が近づいたり離れたりしながら踊る、自由度の高いジャンルです。

社交ダンス ラテン 種類


次に、ラテンダンスの5つの種類の特徴をご紹介します。

チャチャチャ

南米のキューバが発祥で、歯切れのよいリズムの曲に合わせて踊るスピーディーなダンスです。

サンバ

リオのカーニバルなどでも踊られている、エネルギッシュで独特のリズムを持ったダンスです。

ルンバ

哀愁に満ちたゆったりした音楽に合わせて、なめらかに踊る愛のダンスです。

パソドブレ

スペインの闘牛場が発祥の、闘牛士をイメージしたドラマティックなダンスです。

ジャイブ

スウィングジャズから発達したダンスで、飛び跳ねるように踊る軽快なダンスです。

社交ダンス ラテン 曲


次に、社交ダンスのラテンでよく使用される曲をご紹介します。実際に聴いてみると、「この曲だったのか!」と思う曲も多いはずです。
チャチャチャ:スペイン出身の作曲家、ホセ・ラカジェが1924年に発表した「アマポーラ」が代表的な曲です。

サンバ:ブラジル発祥のサンバの名曲は数々ありますが、バリー・マニロウの「コパカバーナ」も人気が高い曲です。

ルンバ:おなじみの「ベサメムーチョ」や、リッキー・マーティンの「La Copa de la Vida」などもよく使われます。

パソドブレ:1925年頃にスペインの作曲家パスカル・マルキーナ・ナロが発表した、「エスパーニャ・カーニ」が有名です。

ジャイブ:スウィング・ジャズの「シング・シング・シング」は、「ボールルームへようこそ」でも使用された大人気の曲です。

社交ダンス ラテン 衣装

社交ダンスのラテンのドレスはどんなものを着たらいいのか、気になるところです。ダンス・パーティの種類にもよりますが、男性はスーツかタキシード。女性はサテンのイブニングドレスなど、華やかな衣装を楽しむことができます。ただ、あくまで踊ることを前提に、ダンスをしやすいドレスを選ぶことが大切です。
ラテンの競技ダンス場合は、スタンダードよりもラフな衣装が多いです。男女ペアの一体感を出すため、同じ色、同じ装飾で、統一感を出す場合もあります。

社交ダンス ラテン ドレス


ラテンのドレスはスタンダードのドレスに比べて、肌の露出が多く、派手でカラフルなのが特徴です。動きも激しいため、ターンした時により目立つよう、左右非対称など凝ったデザインのものも多くあります。

ラテンドレスの価格帯は広く、3,000円~20,000円の手ごろな価格から、50,000円~150,000円と本格的な価格まで様々です。体のラインにぴったりしたドレスが多いので、できるだけ購入する前に試着しましょう。

社交ダンス ラテン スカート


ラテンのスカートはスタンダードとは対照的に、短い丈やスリットが深く入ったものが多く、フリンジやコサージュ、オーガンジーやラインストーンなど、華美な装飾が施されているものも多くあります。
値段は、スカートだけなら1,800円~10,000円くらいと比較的リーズナブルな価格で購入することができます。何色か揃えておけば、どんな色のトップスにも合わせられるので便利です。

社交ダンス ラテン 髪型


女性の競技ダンサーの髪型は、とても特徴的です。シニヨンというお団子ヘアにして髪をまとめ、うぶ毛などもジェルやスプレーでガチガチに固めます。おくれ毛などが出ていると、審査で減点されてしまう場合もあります。

後頭部の低い位置でまとめるダウン・シニヨンは、長時間のパーティやコンペでも崩れにくいため、おすすめの髪型です。前髪を上にあげるポンパドールや、うねらせて固めるデザインにするなど、より華やかさを出すために工夫しましょう。

社交ダンス ラテン 世界チャンピオン

2021年現在、プロのランキングでラテン・チャンピオンとなっているのが、ドリーン&マリーナのペアです。長いこと王者に君臨していたリカルド&ユリアのペアが引退したため、ようやくワールド・ランキングで1位となりました。
社交ダンスの競技会は他のスポーツと違って、一度優勝してチャンピオンになると、数年間は王座を守る場合が多いのです。ドリーン&マリーナのペアも、引退するまで長く活躍することでしょう。

社交ダンス ラテン チャンピオン


日本国内のチャンピオンとして、増田大介&塚田真美ペアをご紹介します。
世界ランキング18位と、日本人選手としては最高位につけているので、まさに日本のラテンチャンピオンと言えるペアです。

リーダーは増田大介さん。日本テレビ「オールスター社交ダンス選手権」で、森下千里さんとペアを組み、話題になったこともあります。
パートナーは塚田真美さん。TBSテレビ「金スマ」で、キンタローさんが世界選手権で7位に入った際、コーチしていたのが塚田さんだったそうです。

まとめ

いかがでしたか。今回は社交ダンスの中でも情熱的な、ラテンのジャンルについて詳しくご紹介しました。華やかさのなかにも、激しい情熱がほとばしるラテンダンスを、より楽しんでいただければ幸いです。