競技ダンス=社交ダンス!? 競技ダンスの魅力をご紹介

競技ダンスは社交ダンスを競技化したものです。

漫画やバラエティーの企画などで「なんとなくイメージはあるものの結局よくわからない!」という方も多いですよね。

今回この記事を読めばあなたも競技ダンスの世界に足を踏み入れたくなること間違いなし!

これを機に少しでも興味を持っていただければ幸いです。

競技ダンスとは

古くは映画『Shall we ダンス?』やウリナリ芸能人社交ダンス部、最近では金スマ社交ダンス企画でおなじみになっている社交ダンスを競技化したものです。

ダンスを踊る中で技術だけでなく芸術性を競う点が他のスポーツと一線を画すところになっています。

服装や音楽、種目は社交ダンスと変わりありませんが、その迫力はけた違い!

そのため初めて目にした方はイメージとのギャップに驚かれるかと思います。

競技ダンスに関する漫画

競技ダンスがフィーチャーされているのはテレビ番組だけではありません。

『背すじをピンと』や『競技ダンスへようこそ』といったスポコン系漫画や、『ワルツのお時間』、『PARTNER』のような正統派少女漫画に至るまでさまざまなジャンルの漫画の題材になっています。

競技会での勝敗だけでなく、競技会に至る練習過程にもドラマ性があるのは現実世界も同様です。

もちろん漫画の世界のような『一晩中練習!』などといったことはないのでご安心ください!

競技ダンスの種目

競技ダンスは大別すると『スタンダード(モダン)』と『ラテン』の2つに分けられます。

さらにスタンダードの中にワルツ、タンゴ、スローフォックストロット、クイックステップ、ヴェニーズワルツ、ラテンの中にチャチャチャ、サンバ、ルンバ、パソドブレ、ジャイブの計10種目に分かれています。

競技会ごとに単科戦と言われる1種目ごとで競うものや、スタンダード5種目、ラテン5種目の総合戦、さらにはスタンダード・ラテン計10種目の10ダンスなどさまざまな形式の競技会が用意されています。

競技ダンス ラテン種目の特徴

スタンダードは男女がホールドを組んだまま踊るのに対し、ラテンは男女が離れて踊ることもあります。

ラテンアメリカに対し、『明るい、軽快、リズミカル』といったイメージがあるかと思います。

ダンスの種目においてはそれらのイメージそのままのものだけでなく、ルンバのようにゆったりとしたステップでセクシーに踊るようなダンスもあり、その幅広さが魅力です。

競技ダンスのランキングについて

競技ダンスを始めると自ずと『A級』や『B級』、『ノービス』などという単語を耳にしますよね。

競技会はプロとアマチュアで分かれており、その中でさらに階級が設けられています。

級はA級をトップにB級、C級……と続いていきます。

さらに級をもたない人たちが出場するのが『ノービス級』と言われる階級です。

競技団体により昇級や降級の条件が異なるので要チェックです。

学連で楽しむ競技ダンス

また、アマチュアやプロの競技会とは別に『学連』でも競技会が行われています。

学連とは『学生競技ダンス連盟』のことで、各大学の競技ダンス部が加盟しています。

学連の競技会に出場するためには、まず学連に加盟している競技ダンス部に入部する必要があります。

学連は北海道、東北、東部、中部、関西、中四国、九州のブロックに分かれていて、基本的にはブロックごとに競技会を開催しています。

一方、年に2回の夏全、冬全と呼ばれる全日本戦はブロックの垣根を越えての競技会となっています。

4種総合戦の夏全と、4年生が卒部前最後の競技会である冬全はそれぞれ異なる競技会の魅力があります。

競技ダンスの練習着

普段は練習着で踊っているダンサーたち。

競技会に向けスタジオで先生に習ったり、『貸しスタ』と言われる練習場で活動しています。

競技会に向け練習する姿はまさに二人三脚という言葉がぴったりです。

競技ダンスのドレス

そんな普段は練習着のダンサーたちも競技会の時にはしっかり正装をします。

パートナー(女性)はドレス、リーダー(男性)は燕尾服やラテシャツを着用します。

正装をすることで日常と異なる緊張感をもって競技会に臨むことができます。

ドレス選びも競技ダンスの醍醐味のひとつです!

もちろん最初から購入する必要はなく、サークルや部活の先輩、教室の先生からレンタルすることも可能です。

気負わず競技会にエントリーしてみましょう!

「うまくなったら競技会にエントリーしようかな……。」とエントリーを迷っている方も気負わず競技会にエントリーしてみてはいかがでしょうか。

普段の練習とは異なる衣装、環境で踊ることで競技ダンスの魅力がより一層体感することができます。

みなさまと競技会でお会いできることを楽しみにしています!!