社交ダンスにはキレイに痩せれる秘密がいっぱい詰まっているんです!

ダイエットを考えているけど、どうせダイエットするなら楽しく痩せたいですよね?そしてダイエットを通して、それが趣味や特技にならないかな・・・。
そう考え「社交ダンス」に興味を持っているあなたへ、今回は社交ダンスでダイエットは可能なのか?を詳しく説明していきます。
社交ダンスをして「痩せた」「美脚になった」という話はよく聞きますが、実際本当にダイエットに効果があるのか気になりますよね?
なぜ社交ダンスがダイエットに効果的なのか、体はどのように変化するのかをご紹介します。
また「ヒールのある靴が苦手」「太っていても社交ダンスできるの?」「体が固いけど大丈夫?」などあなたが不安に思っている点を、1つづつ説明していきます。

社交ダンスはジワジワと汗をかく有酸素運動

社交ダンスは、一見華やかで優雅に踊っているように見えますが、ジワジワと汗をかける有酸素運動なんです。

その消費カロリーはというと、30分で約200㎉。ウォーキングの場合は約100㎉。
なんと同じ時間動いていても、社交ダンスの方が倍のカロリーを消費できるのです。

有酸素運動の嬉しい効果は、今蓄えている脂肪をエネルギー源として消費してくれるところ。だから、社交ダンスをすることによって、今あなたの体についている余分な脂肪が、燃焼するのです。

そして、有酸素運動は基礎代謝をアップしてくれる効果もあるんです。
「基礎代謝」とは、動かなくても生きているだけで消費するエネルギーの事です。この基礎代謝は、1日の消費カロリーのうちなんと約70%も占めています。ということは、あなたの脂肪を燃焼する力を底上げしてくれるんです。

『社交ダンスは有酸素運動で、今ある脂肪を燃焼してくれる。さらに基礎代謝もあげるので、社交ダンスをしている時以外でも、脂肪燃焼しやすい環境を作ってくれる。』

どうでしょう。この2点だけでも、ダイエット効果を期待できそうですよね?

インナーマッスルを鍛えてメリハリボディへ

社交ダンスを始めた時、正直一番大変なのがキレイな姿勢を保ち続ける事です。
自分の中では、背中をまっすぐ伸ばし踊れているつもりでも、鏡を見ると誰の背中でしょうか、とっても丸まって踊っている私の背中があるのです。

レッスン時間が60分なら、その間ずっとキレイな姿勢を保ちます。
普段丸まって使っていなかった筋肉を、鏡を見ながら正していくので、終わったころには背中がバリバリになり、筋肉痛という嬉しい悲鳴を上げています。
社交ダンスを初めて、一番変化を実感するのが、背中の肉がなくなったことです。「あっ私の背中、こんなに薄かったんだ・・・」と気付きがありました。

そして、重心がぶれないようにするには、お腹に力を入れていないとうまく踊れません。おへその下からキツイチャックを締めるように、お腹をへこませ力を入れるので、もしかしたらお腹と背中がくっつくくらい、ペタンコになれるかも。

キレイなクビレを作りたいならラテンダンス

社交ダンスには「ボールルーム部門」「ラテンアメリカン部門」という2つの部門があります。

ボールルーム部門は、パーティーなどで男女が優雅に踊っているようなダンス。
ラテンアメリカン部門は、サンバなどの情熱的なダンスの事です。杉本彩さんの、獲物を捕らえるような、鋭い眼差しが浮かんできますね。

腰を八の字に動かしながら踊るのですが、ねっとりと余韻を残しながらジワリジワリ腰を八の字に動かす。これをすることによって、お腹周りの脂肪がガッツリ燃焼され、ギュッと引き締まったクビレを手に入れる事ができます。

もちろん、ボールルーム部門のダンスでも、メリハリボディを目指せますが、お腹を集中して変化を出したい方は、ラテンアメリカン部門がオススメです。

初めての社交ダンスでも安心してください

ここまで読んでくださったあなたは、もう今すぐにでも社交ダンスをしたくなっているのではないでしょうか?
しかし、社交ダンスをするにあたり、色々な疑問が出てきますよね。

その疑問とは
・今の体型でもできるのか
・ヒールの靴で踊れるか心配
・体がかたい

初めて挑戦する事って、何もわからないから不安になるお気持ちわかります。
でも安心してください。これらの疑問は社交ダンスを始める上で、全く問題ありません。

今の体型でもできるのか

「ダイエットしたいから社交ダンスを始める、でも今の体型ではできるか不安だからもうちょっと痩せてから・・・」
ご自身でのダイエットは止めませんが、社交ダンスとあわせるともっと早い効果が出るかもしれませんよ。

ヒールの靴で踊れるか心配

「普段カカトが高い靴を履かないから、ヒールの靴でできるか心配なんです」
実は社交ダンスで履く靴は、普段お店で見るような靴とは違います。社交ダンスで履く靴は、靴底の床に接する面が、スエードのような柔らかい革を使用しているので、通常のパンプスよりは足に負担がかかりにくくなっています。

慣れない内は、カカトが低めの靴を選べば、ヒールが太く安定感が増すので安心でしょう。

体がかたい

何をするにも、体が柔らかい方が良いに越したことはないですが、社交ダンスは体が固かったとしても、踊る上で苦労することはあまりないでしょう。
しかし、ケガの予防のため、普段から柔軟体操をしておくことをオススメします。

体が固い方は、柔軟体操をするだけでむくみがとれ、脚が細くなることもあります。そしてむくみが取れた脚は、軽やかに動かせるので、社交ダンスの上達も早いかもしれません。

ダンスの衣装でダイエット効果倍増

社交ダンスを練習する時は、どんな格好でも踊る事ができます。でも、体にフィットする衣装、すらっとした脚が見えるスカートを着て練習すると、より気持ちを込めて踊る事ができとても楽しいのです。
とくに女性ですと、より気分をあげてくれる衣装で踊りたいですよね?

社交ダンスを始めると、まず背中のスッキリ感を実感される方が多いので、背中がキレイにみせる衣装を選ばれたり、ダンスで引き締まったキレイな脚を見せるため、ヒラヒラト舞う短いスカートだったりを選ばれる方が多いです。

フィットした衣装がより映えるよう、ヒップアップを目指して、筋トレされてる方もいらっしゃいました。

こんな風に、社交ダンスでダイエットに成功しても、もっと衣装をキレイに着こなせるようにと、衣装に合う体型を目指し、ボディメイクされる方がほとんどです。

社交ダンスをする年齢層とは?

社交ダンスといえば、踊っている方は少し年齢層が高い、お時間に余裕のある方がされているイメージでしょうか?
そういった年齢層の方が多いのは事実ですが、20代から興味をもち始める方も増えてきています。様々な年代の方が楽しんでいますので、年齢なんて関係ないです。

ダンス以外でも、様々なお話を聞けるので、年代が違うお友達ができて楽しいですよ。

まとめ

社交ダンスでダイエットはできるのか?
社交ダンスは、有酸素運動で基礎代謝もアップすることができるので、ダイエットすることは可能である。
さらに、インナーマッスル、お腹周りを集中して使うことができるので、メリハリのある体作りが可能です。楽しみながらダイエットできるし、程よく引き締まったメリハリボディを目指したい方は、社交ダンスでダイエットはとってもオススメだと思いますよ。

そして社交ダンスは足腰を鍛えられたり、頭を使うので痴ほう症防止だったりと、生涯続けることができるスポーツなんです。

だからダイエットが成功した後も長く続け、趣味から特技にきっと変わることでしょう。
ぜひ社交ダンスで、仲間と一緒に楽しみながらダイエットを成功させてください。